早期相談で歯科予防に努める

歯科 相談

早期相談で歯科予防に努める

歯が痛くなってから歯科医院へ足を運ぶ方が多いようですが、痛くなる前に足を運んでみるのが良いとされています。
なぜなら、既に痛くなっているということは、病気が進行している状態であるということを意味し、口内や歯が菌で侵されていることになるからです。
そのため、歯科医院へ足を運ぶのであれば、異変を感じてからではなく、それ以前から足を運んでいただくことをオススメしています。
早期に歯科医院へ足を運ぶことで、神経に到達するまでに虫歯治療ができたり、歯を抜かない削らない治療ができたりと患者様ご自身の歯を守ることに繋がるのです。
また、虫歯治療だけでなく歯を白くするホワイトニング治療や歯並びを整える矯正治療についての相談も早期治療を行うことで、より白い歯を実現したり、口内のカタチに合わせたキレイな歯並びに仕上げたりすることができるのです。
認知症や癌などの大きな病に関わらず、歯科医療の分野に関しましても、早期治療や相談はより効果的なものになると言えるでしょう。

お知らせ

一覧